事故車を修理する

MENU

事故車を修理する

車を自損事故などでぶつけてしまったり、車対車の事故でも起こしてしまうと、かなり車にダメージを与えてしまって修理が必要になりますよね。廃車同然の車であったり、近く廃車するような車であれば修理なんかしないのでしょうが、購入したばかりの新車や、愛着のある車だとやはり修理することになるでしょう。その際に気になるのが、保険との絡みではないでしょうか?

 

事故車修理するなら車両保険!?

車を保有している方で、実際にどのくらいの人が「車両保険」に入っているのでしょうか?また、車の保険の中で、車両保険にかかる金額は一番大きくなると言ってよいのです。つまり、車の保険では「車両保険無し」と「車両保険有り」とでは、年額の保険料にかなり差が出てしまうと言うことなのです。そのことから年間保険料と事故を起こして車を修理しなければならない可能性とを計りにかけて、あえて車両保険をかけていないといった人も実際に少なくないと言ってよいのです。そして、事故車修理する際に問題となるのが、「果たして車両保険を使って直した方が得なのか?損なのか?」といったことになると思うのです。なぜなら、車両保険を使うと次年度以降の車両保険料が高くなってしまうからなのです。さらに言えば、2012年10月に自動車保険ノンフリート等級の割引・割増制度が改定されたことで、自損事故等で車を傷つけて車両保険を利用して修理するかどうかの判断が非常に難しくなってしまうことになったのです。具体的に言うと、車両保険を使って事故車を修理すると、次年度から3年間に亘って保険料負担が大きくなってしまうのです。それゆえ、事故車の修理にかかる費用と、車両保険を使った場合にかかる3年間の保険料の負担増とをしっかり見比べて保険を使うことが、今まで以上に利用者に要求される条件になったと言ってよいのです。

 

車両保険使わずに修理のオーナー増えています

ノンフリート等級制度の改定によって、「事故車修理に車両保険を使わない」といった方が実は増えているのです。たとえば、あくまでも一つの目安として、現在のノンフリート等級制度では、修理費用が5万円だとして車両保険を使ってしまうと、次年度以降の保険料の負担差が13万円くらいになってしまいます。そうなったら修理に車両保険を使うのは大損になってしまいますよね。そのことから、車オーナーの方の中には、自己費用の修理を前提として、交換部品などは再生部品などを上手に活用することで修理費用をなるべく抑える傾向が多くなっているのです。また、車両保険の利用では、免責額にも注意する必要があります。たとえば、免責額が10万円だと、修理代が10万円を超える分だけ保険会社が負担することになります。つまり、10万円以内の修理代だと車両保険は使えないと言うことなのです。また、免責条項がある車両保険の方が保険料は安くなります。以上のことから、車両保険で事故車を修理するのは、かなりの修理費用がかかってしまうケースと言ってよいのではないでしょう。

 

車買買取ランキングはこちら!