MENU

ローンが残債がある事故車はどう処理すればいいのか

ローンが残っているままなのに交通事故を起こしてしまうということも残念ながらごくまれにあります。そのような時は適切な対応を取らないと無駄なお金を払うことになってしまいます。適切な対応をしり、そうした無駄な出費を抑えましょう。

 

■自動車税の支払停止の手続きをする

普通なら、事故で自動車が全損したりした場合には、そのまま廃車にして所有権を解除して、それで終わりです。所有権を解除して抹消登録をしているので、もう自動車税を払う必要はありません。

 

しかし、ローンが残っている場合は話は別です。この場合はローンが完済するまで所有権を解除することができません。つまり、ローンも払い続けながら、自動車税も払い続けるという、いわば「二重苦」のような状態になってしまうのです。

 

ところが、自動車税は支払停止の手続きさえすれば払わなくてもよくなります。なので、ローンが残っている状態で事故車になってしまった場合には、この支払停止の手続きをすることが重要なのです。

 

■手続きはどこでするのか?

これは自動車税事務所という場所でします。これは運輸支局などに隣接しているので、運輸支局に行くと考えておけばいいでしょう(そこで誰かに聞けば場所はわかります)。

 

この手続をするときには「自動車税支払停止の理由」というものを申請する必要があります。理由がないと、税金の一種ですから、支払いを免除してもらうことはできないんですね。もちろん事故による全損というのは立派な理由なので、それで申請します。交通事故によって自動車を解体したという証明ができれば、それで税金の支払いを停止することができます。

 

■解体をしていなくても申請できる

実は、解体をしていなくてもこの自動車税の支払停止はできます。要は「もうこれから乗らない」ということが証明できればいいので、たとえばナンバープレートを返却するなどでもいいのです。このプレートを返却するということは、その自動車にはもう乗れないということであり、それが「もう乗らない」という意思表示になるからです(自動車自体は動きますが、プレートのない自動車を運転したら違法ですからね)。

 

このような手続きを知っておけば、無駄な税金を払う必要がなくなりお金で苦しむこともなくなります。自動車に乗るなら、こうした関連する税金の仕組みなども知っておきたいものです。

 

事故車買取している一括サイトも」ありますのでそちらも視野に入れて処分を考えましょう。

 

車買買取ランキングはこちら!