MENU

アメリカは国土が広く電車や交通手段が日本のようには発達をしていない

高速道路は日本だけではなく、あらゆる国で使われています。その中でもアメリカは、国土が広く電車や交通手段が日本のようには発達をしていないので、多くの人が車を持ち車で移動をする国です。そのため高速道路を利用する人も多いですし、税金から高速道路の維持費などは支払われるので、アメリカの人は無料で大半の高速道路を利用できるようになっています。仕組みから日本とは違うアメリカの高速道路ですが、どのような自動車事故が多くあるでしょうか。日本との違いが現れる事故の種類について、ご紹介していきます。

 

高速道路催眠現象

 

別名はハイウェイ・ヒプノーシスともいいます。広くて走りやすい高速道路なのに事故が起こりやすい、それを調査した結果として、高速道路催眠現象が発見されました。これは特にアメリカなどの広くて走りやすい道路で起こりやすいのです。運転している側としては同じような道路をずーっと走っているわけですから、脳に刺激が起こりません。一定の白線と一定のスピード、その状況が催眠効果を作ってしまいます。そこで知らない間に脳が休まってしまい、自動車事故を招くでしょう。自分では眠気が最初はなくても、高速道路に入って眠くなったときはこの高速道路催眠現象が起きていると考えられます。

 

高速道路内にシカが侵入しクルマが大破

 

アメリカの高速道路は整備があまり行き届いておらず、山の中なども切り開いて作られていて、小動物などが道路の中にまで入ってくることもよくあるといいます。日本ではそういったことは起こらないようにしっかりガードされていますが、日本でも場所によってはたまにあるようです。アメリカではシカも多く生息をしていて、シカが高速道路を横断するなど、シカ渋滞もあるようです。シカに気付かずにスピードを上げて走っていくと、シカを跳ねてしまいます。シカもかわいそうですが、ぶつかった車も大抵は大破をします。

 

スマートフォン操作をしながらの運転で追突

 

アメリカでは携帯電話を使いながら、スマートフォンを操作しながらの運転を平気でしている人も多いです。スマートフォン操作などは気が散って運転への集中力が落ち、事故を引き起こしやすいです。前方不注意にもなりますし、気付いたときは遅くて止められず、衝突してしまう事故も多いです。

 

自動車事故とはいえ、アメリカでは日本と違う特徴の事故も引き起こされることがわかったでしょうか。日本からアメリカへ行って運転をする際はアメリカの高速道路で起こりやすい事故もしっかり把握しておくと安心ですね。

 

車買買取ランキングはこちら!