MENU

国によってそれぞれ交通ルールが異なるため事故の原因は違う

お金を支払って、目的地まで早く到着することができる高速道路。とても便利で利用する人も多いでしょうが、スピードが出る分怖いのが交通事故です。高速道路での事故はスピードもあがっているため、死亡事故になることも多いので注意しなくてはなりません。ちょっとの不注意が、大きな事故になってしまうかもしれない、そういう危機感も必要です。国によってそれぞれ交通ルールが異なるため、事故の原因となる事柄も少しずつ変わってくるでしょう。今回は日本と比較してアメリカの高速道路での交通事故と一緒に比較して考えてみましょう。

 

アメリカの高速道路の主な事故

 

アメリカは広いので、ありとあらゆるところに高速道路が整備されていて、日本よりもスピード規制が緩くなっています。アメリカでの移動手段として車を使う人が多いため、みんな車の運転に慣れていて、日本では考えられないようなスピードで走っている車もいるでしょう。その結果として、追突事故などもよく起こるのがアメリカです。また、出入り口が短い間隔であるので、進入してくる車に追突というのもよくあるパターンの事故です。スピードが上がっていると接触であっても車を吹き飛ばしてしまうなどの大きな事故になりやすいでしょう。

 

日本の高速道路の主な事故

 

日本はアメリカと比べると制限速度も遅く設定されています。それでも高速道路という場所ではどうしても事故が起こりやすくなってしまうでしょう。晴よりも雨、昼よりも夜のほうが事故の確率は増えています。道路条件から考えても、雨が降っている夜というのは視界が悪く事故が起こりやすいのもわかります。見通しが悪くスピードも出やすいカーブなどでは追突しやすいですし、アメリカよりも運転しづらい箇所が多いのが日本の高速道路の特徴です。渋滞も起こりやすいので、玉突き事故などを起こしてしまう危険性も日本のほうが多いのではないでしょうか。玉突きになると何台も巻き込んでしまって大変です。

 

アメリカ・日本の高速道路事故のまとめ

 

アメリカと日本の高速道路の事故について考えてみました。起こりやすい事故などはやはり国によって交通ルールも違うので少し異なりますが、やはり追突はどちらの国でも当てはまる高速道路で多い事故といえるでしょう。事故は起こらないのが一番。1人1人ドライバーが気をつけることで事故は防げるので、意識して事故を減らしていくように、ドライバーが気をつけて運転をするべきです。

 

車買買取ランキングはこちら!

日本の高速道路とアメリカの高速道路の主な事故の違い | 事故車買取完全ガイド関連ページ

アメリカの高速道路で多い事故
日本の高速道路で多い事故
日本の高速道路とアメリカの高速道路の仕様の違い