MENU

廃車をする前の準備

廃車 買取をするにも当然事前の準備があります。この準備をしておくことで、廃車をよりスムーズにすることができます。

 

■陸運局での抹消手続き

廃車で一番メインとなる準備は抹消手続きです。これは陸運局に対して「この車はもう使いません」という宣言をするものです。この手続きには一時抹消、永久抹消、輸出抹消という三種類の手続きがあるのですが、廃車をする場合は永久抹消なので、この手続きをします。

 

■任意保険の解約

自動車に乗らなくなった以上、自分が任意で入っていた保険も当然解約します。これも自分で手続しない限りは解約にならず保険料を払い続けるということになってしまうので、必ず忘れずに解約しましょう(特に月が変わる前に手続きをするというのが大事です。変わった後だと、1ヶ月分保険料を余分に払う可能性もあるからです)。

 

任意保険の解約はそれほど難しいものではありません。ほとんどの保険会社では、電話一本で解約することができます。ただ、保険にはノンフリート等級というものがあり、これを維持しておいた方が後々得です。

 

なので、ノンフリート等級を維持したい場合にはその手続きもします。ただし、廃車の場合は維持されないということが多く、これは一時抹消だけという会社が多いので、これについても確認した上で解約しましょう。

 

■車庫証明書の取り消し

自動車に新しく乗る時、「この自動車の車庫はここです」という保管場所を申告する車庫証明書というのを入手しています。これについては特に何かをする必要はありません。というのは、その車庫(駐車場)から自動車がなくなっただけで、別にその車庫に何か変化があるわけではないからです。

 

■重量税の還付手続き

自動車関連の税金の中に自動車重量税というものがあります。廃車をするとこれが還付されます(車検の有効期限が1ヶ月以上残っていた場合)。

 

なので、これは絶対にやらないといけないというわけではないのですが、自分が得することなので、ちゃんと手続きしておいた方がいいでしょう。もっとも、これは廃車の手続きをした後でもいいので、必ずしも事前の準備というわけではありません。

 

基本的に廃車の準備は業者さんを探すということ以外は、事後でもいいものがほとんどです。廃車の時に一緒に書類を提出した方が楽というだけで、後日郵送でもいいのです。郵送の手間が面倒だと思う人は、廃車の当日に手続きをしましょう。

 

車買買取ランキングはこちら!