MENU

事故車を安く買いたい場合のチェックポイント

基本的に日本の中古車市場で事故車はほとんど出回りません。しかし、たまに出回る時にはかなり安い価格で出回っています。そのため、車を激安で買いたいという場合にはこのような事故車をあえて選ぶというのも一つの選択肢でしょう。その時どのようなポイントを見るべきか知っておきましょう。

 

エアコンの状態がいい

自動車の修理で特にお金がかかるのはエアコンです。なので、エアコンにダメージがある事故車の場合は、あとでエアコンが動かなくなった時に、かなりの金額を自分で負担して修理するということになってしまいます。なので、エアコンが問題なく動作するかどうか確かめましょう。

 

もちろん、その時点で動作していても、しばらくしたら壊れるという可能性はあります。しかし、それは新車でも言えることであり、とりあえず購入の時点で壊れていないというだけでも重要ですし、それ以上の調査はできません。なので、これだけはしっかり調べ、問題ないようなら購入の候補に入れましょう。

 

タイヤの状態がいい(左右の違いを感じない)

タイヤもエアコンと同様に交換の費用がかかります。なので、タイヤの状態がしっかりしているかをチェックする必要があります。

 

タイヤの状態を確かめる一番簡単な方法の一つは、左右にカーブした時の感触の違いです。左右のタイヤが左右対称に壊れるということはないので、タイヤにダメージがある事故車の場合は、左右どちらかのカーブに違和感を感じるはずです。そのような場合はタイヤに見えないダメージがあると考えられるので、購入を控えた方がいいでしょう。逆にしっかりしていれば購入を検討していいでしょう。

 

エアバッグの動作を確認する

エアバッグは普段の運転で使うことはありません。しかし、いざという時に動作しないと命を落としてしまう危険性があります。なので、ある意味一番重要なポイントの一つなのです。(いざという時は、自分が安全な運転をしていても、追突などで訪れるものです)

 

エアバッグの動作確認は業者に依頼すればやらせてもらえます。これをしぶるということは人命を軽んじているということで、業者としてそれはありえないので、もしテストがさせてもらえなかった場合は購入は絶対にやめましょう

 

他にもいくつかのポイントがありますが。そうしたポイントを一通り満たしていれば事故車でも十分安全といえます。事故車買取を積極的に行っている一括査定サイトもありますので参考にご覧ください。

 

車買買取ランキングはこちら!