MENU

事故車買取完全ガイド | 事故車の見分け方

事故車は中古車として売りに出さないというのが基本ですし、出す場合にもそれを正直に情報開示するというのがルールです。しかし、そうすると当然売れません。なので悪質な一部の中古車業者は、そうした事故歴や修復歴を隠して中古車を販売していることがあります。そのような場合、どこで見分ければいいのでしょうか。

 

■特に見るべきポイント

事故車を見分ける時、特に見るべきポイントはボルト、パネルの隙間、ナンバープレートなどです。それぞれ解説します。

・ボルト

車のパネルは、ボルトによって止められています。ということは、そのボルトが交換されていたら、その部分は修理をしたということです。修復歴にそれが書いてあればその業者は正しく情報開示をしているということですが、そうでない場合は嘘をついているということです。ただの修理を隠すということは考えられないので、これは事故車の可能性が高いといえます。

 

ボルトの交換の有無をどう確認するかというと「塗装が剥げているかどうか」です。ボルトの付け外しをする時には塗装を剥がさないといけないので、それでわかるのです。といっても巧妙な業者の場合はさらに上から塗装をし直す場合もあります。その場合は「左右の塗装を比べる」ということをしましょう。これで違いがあったら「片方は修復歴がある」ということがわかります。

 

・パネルの隙間

トランクのパネルには隙間があります。普通の中古車の場合はこの隙間の大きさが左右均等ですが、事故車の場合は偏りがあります。これは目視ではわからないことも多いですが、爪を入れるなどするとわかります。

 

普通の自動車でこのような差が出ることはないので、これがあるということは確実に修復歴を隠しています。そのような時は問いただしてみて反応を見ればさらに確実です。

 

・ナンバープレート

ナンバープレートも事故の影響を受けやすい場所の一つです。これが曲がっていたり、板金をした形跡がある場合には、事故車であり修復歴があると考えていいでしょう。

 

また、リアのナンバープレートは封印がされているものですが、これを外した形跡がある場合も、はずして修理をしたと考えられます。これも事故車の可能性が高いといえます。

 

中古車の中の事故車については、これらのポイントを見れば見分けられると言っていいでしょう(他にもポイントは多数あるのでぜひチェックしてみてください)

 

車買買取ランキングはこちら!