MENU

軽自動車の廃車手続きについて

軽自動車の廃車手続きは、普通の自動車の廃車手続きとほぼ同じです。具体的に何をするのか手順などを見てみましょう。

 

■軽自動車廃車手続きの大まかな流れ

まずは全体の流れを解説すると、

・車両を解体する
・必要書類を揃える
・検査協会で手続きをする

 

というものです。それぞれ詳しく説明します。

 

■軽自動車を解体する

廃車ということは一時抹消とは違い、もう自動車に乗らないということですから、軽自動車を解体します。この時の業者は自治体から認可を受けた業者でなければいけません。それ以外の業者の場合、解体で出た車両のゴミなどを不法投棄する危険があるからです。なので、認可を受けた業者の中から選ぶようにします。

 

解体は費用はかかりますが、作業自体はただ軽自動車を業者に渡すだけなので、自分がする仕事は特にありません。ただ、運転ができないくらい破損してしまった事故車の場合は、レッカー車などで引き取りにきてもらう必要があるため、その手続きも必要です。

 

■必要書類を揃える

軽自動車の廃車で必要となる書類は下のようなものです。

・軽自動車検査返納届
(いつも受けている軽自動車の検査合格証を返納します、という届出です)

 

・自動車検査証明書交付申請書
(上の返納届かこの申請書のどちらかを揃えます)

 

・ナンバープレート
(もう運転をしないということなので、運転許可の証明であるナンバープレートも前後ともに返却します)

 

・認め印
(最初に所有するときの手続きで使った印鑑と同じものです)

 

・軽自動車税申告書
(毎年払っている軽自動車税の申告書です)

 

・車検証
(運転している以上車検も受けているはずなので、その車検証を持参します)

これらの書類のうち、自動車検査返納届、自動車検査証明書などは軽自動車検査協会というところで入手します。車検証などはもともと手元にあるものです。

 

■自動車協会での手続き

これらの書類が揃ったら軽自動車検査協会というところで最後の手続きをします。揃えた必要書類を窓口に提出し、ナンバープレートなども一緒に渡します。そうして少し待たされた後手続きが完了し、これで終わります。

 

その後は納税義務の消滅の手続きをします。軽自動車を廃車にしても、この手続きをしない限りはまだ税金の支払い義務が残っているからです。この手続きをすることで、先払いしていた自動車税などが還付されるので、これも忘れないようにしっかりしましょう。

 

車買買取ランキングはこちら!