MENU

事故車買取完全ガイド | 一時抹消登録

一時抹消登録は名前通り、一時的に自動車の登録を抹消するものです。長期間運転しない時など、自動車を放置すると税金がかかってしまうので、その負担をなくすために登録を抹消するわけです(もちろん、その期間その自動車は運転ができないので注意が必要です)。

 

■一時抹消登録の必要書類

一時抹消登録で必要な書類は下の通りです。

・印鑑証明書
→新しいもの(発行から3ヶ月以内のもの)である必要があります。

 

・委任状
→これは家族の方などが代わりに手続きに行く場合です。本人ならいりません。

 

・車検証
→当然ですが車検を受けているはずなので、それを持参します。

 

・手数料納付書
→名前の通りです。費用などは後述します。

 

・一時抹消登録申請書
→これは当日運輸支局で記入が必要です。

 

・自動車税、自動車取得税申告書
→これはほとんどの地域では必要ですが、一部地域では不要です。

 

・ナンバープレート
→ナンバープレートは運転を許可されている(登録されている)という証明ですから、抹消している間は返却する必要があります。前面のものと後面のもの両方です。

 

■一時抹消登録の費用

これは非常にやすく、手数料350円と、用紙代100円程度です。永久抹消登録の場合は自動車を廃車にするための費用がかかりますが(業者に払うものです)、一時抹消登録の場合は自動車を自分で保管しているので、こうした費用はかかりません。なので、これだけの費用で済むわけです。

 

ただし、運転しないからという理由ではなく、盗難などの理由の場合は、「登録事項等証明書」というものが必要になり、この記入の手間と、手数料300円が必要になります。(この届出をしておけば、盗難車を発見しやすくなるので、当然ですが盗難にあった時にはこの届出が必要です)

 

■一時抹消登録の流れ

流れは簡単で、

・必要書類を揃える
・運輸支局に登録に行く

 

というだけです。必要書類は上に書いたように役所にいけば簡単にもらえるものや、当日運輸支局でもらって記入するものだけなので、難しいことは特にありません。費用もほとんどただに近いので、お金の心配もする必要はありません。

 

唯一面倒なことがあるとしたら、ナンバープレートを外すということでしょう。これはやったことがある人は少ないはずなので、これだけ少し手間に感じるかも知れません。あとは運輸支局は平日しかやっていないので、平日行けない人は代理を頼んだりする必要があります。

 

車買買取ランキングはこちら!