MENU

事故車の流通経路はいくつかあります

事故車の買取について知るためには、その流通経路も知る必要があります。事故車の流通経路は下のようなものがあります。

 

海外での販売

状態がいいものは、少し修理をするなどの手を加えて海外で販売されます。国内で販売されることもありますが、基本的に事故車は国内ではほとんど価値がない、あるいは価値が激減してしまうので、大抵は海外で売られるのです。

 

国内でも事故車を販売していることはありますが、中には事故車であることを隠しているという悪質なものもあります。そのくらいしないと国内では事故車はまともなお金にならないからです。なので、そのまま販売されるとしたら、大抵は海外で売られると考えていいでしょう。

 

海外、特に発展途上国では日本車は最高級のブランドです。外国人からしたら日本車は全部「外車」ですし、しかも性能が世界で最高レベルなわけですから当然です。日本でも国産車の品質の外車はものすごく高く売れるでしょう。それと同じなのです。

 

そして、ポンコツな車で走るのも平気(フロントガラスが割れた車にも平気で乗っている)というような発展途上国の人たちから見ると、日本人のいう「事故車」など、全然事故車にならないということも多いのです。なので、十分なお金になるんですね。

 

パーツ取り

次に多いのはパーツ取りです。車体をそのまま活用することはできなくてもパーツだけなら使えるという例は多くあります。この場合、パーツにもよりますが国内で転用することも割と簡単なので、車両そのままよりはかなり需要が大きくなります。

 

特に海外では日本車のパーツは車体の時と同様人気があります。最近の車上荒らしは、バンパーなどの変なパーツを取っていくということでも知られていますが、これはそのようなパーツでも十分お金になるからです。そのくらい、日本車のパーツには価値があります

 

解体

どうしても買い手がつかない、あるいはパーツ取りを終えた後の残りの部分などはそのまま解体されます。解体にも当然費用がかかりますが、大抵はパーツ取りをした後で解体をするので、そこから料金を差し引いてもらえるということが多いです。なので、パーツ取りをしてもらえる場合は、特に新規で解体の費用を用意するということは必要ありません(自分の取り分が少なくなるというだけです)。

 

 

事故車の流通経路については以上のようなものがあります。
ぜひ参考にしていただけたらと思います。

車買買取ランキングはこちら!