事故車買取と事故車下取りの違い

MENU

事故車買取と事故車下取りの違い

事故車を処分する際に迷うのが、事故車を買取してもらうのか?あるいは事故車を下取してもらうのか?だと思います。もし、「今後車を所有しない」というのであえば、選択は事故車買取しかないでしょうね。しかし、困ってしまうのは、これからも車を所有するとの条件で、事故車を買取か下取りにするかによってメリットやデメリットが違ってしまうといったことではないでしょうか。

 

まずは「買取」と「下取り」の違いを確認しておこう!

「買取」とは、端的に言えば、事故車を売って現金を受け取ることです。つまり、買取においては、買取後に車を所有するか否かは関係なくなります。買取してもらったお金を基に新しい車を購入してもよいし、買取したお金を別の目的で利用しても自由です。一方、「下取」の場合は、買取とは根本的に異なります。つまり、「下取り」とは、あくまでも新しい車を購入することを前提とする売買となり、一般的には下取りしてもらった会社で新たに車を購入することが条件となります。

 

「買取」と「下取り」のメリット・デメリットはなに?

では、買取と下取りでの各々のメリット・デメリットはどうなるのでしょうか?買取のメリットは、中古車相場の人気や車の球数の少なさといった市場動向と連動した買取価格になるといったことでしょうね。たとえば、あなたの車が中古車市場で人気が高く、かつ中古車市場に出回っている球数が少ない場合には、かなりの高価格での買取が可能になると言ってよいでしょうね。一方、デメリットとしては、メリットの裏返しとなります。つまり、不人気の車や中古車市場で球数があぶれているような状態だと、買取価格は低くなってしまうのです。そして、買取の場合は、中古車市場や中古車相場とリアルタイムで繋がっているので割と敏感に価格に反応してしまうので、「買取時期」の見定めというものがカギとなります。他方で、下取りのメリットは、中古車相場の動向にリアルに反応してしまう価格とはならないことで、比較的価格が安定していることですね。また、「下取してもらう会社で新車を購入する」と言った強みがあるので、交渉次第では下取価格の上積みが十分に期待できる点はメリットと言ってよいと思います。デメリットとしては、場合によっては買取価格よりも低い価格で車を手放さなければならない可能性があることです。

 

「事故車」という条件がつくとどうなるのか?

事故車という条件が付く買取と下取りでのメリット、デメリットは基本的に同じと言ってよいでしょう。それは「事故車という事実」は否定できないので、その事実がどれくらい買取価格や下取り価格に影響してしまうのかは実際に車を持ち込んで相談してみないと分からないのです。さらに言えば、事故車だと中古車扱いの買取・下取りにはならないので、注意が必要です。つまり、事故車としての買取や下取りになってしまうと言うことです。そのことから事故の程度が低い方が、両方の場合においてメリットはあると言えます。加えて、事故車といった、売り手としてはやや立場の悪いものとなることから、買取と下取りの両方において、売買価格の低減をいかに低くできるのかにメリットがあると言ってよいと思われますね。

 

車買買取ランキングはこちら!